« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

Ellipeiopsis cherrevensis (Pierre ex Finet & Gagnep.) R.E.Fr.

乾燥フタバガキ林に生える30㎝ほどの小低木。カンボジアではあちこちで見かけ、当初はPolyalthiaかな?と見当をつけて探してもそれらしい種に行き当たらず。ハーバリウムで標本を片っ端から見ていたらようやくこれだ!と思える標本を発見しました。

---------------------
Ellipeiopsis cherrevensis (Pierre ex Finet & Gagnep.) R.E.Fr., Ark. Bot. a.s., 3: 41 (1955).
Ellipeia cherrevensis Pierre ex Finet & Gagnep., Bull. Soc. Bot. France 53(4): 76 (1906).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Ellipeiopsis_cherrevensis
葉は楕円形で光沢があり。枝はややジグザグ気味に伸びています。

Ellipeiopsis_cherrevensis4
葉裏の脈は隆起し、葉裏にも毛がびっしり生えています。

Ellipeiopsis_cherrevensis5
花序は頂生で柄の短い赤い果実を実らせていました。花はまだ見たことないのでいつの日か・・・。

2014年3月30日 (日)

Friesodielsia fornicata (Roxb.) D.Das

マレーシアから無事帰国しました。相変わらずドタバタした生活をしておりますが、あと1週間はゆっくり?できそうです。

-------------------------
Friesodielsia fornicata (Roxb.) D.Das, Bull. Bot. Surv. India 5: 43 (1963).
Uvaria fornicata Roxb., Fl. Ind. (Roxburgh) 2: 662 (1832).
Oxymitra fornicata Hook.f. & Thomson, Fl. Ind. [Hooker f. & Thomson] 1: 146 (1855); Finet & Gagnep., Fl. Indo-Chine [P.H. Lecomte et al.] 1: 86 (1907)
Distribution: Cambodia, India, Thailand?, Vietnam.

Friesodielsia_fornicana
葉はすっきりしたサワヤカな感じ。この種はインドで記載され、本当に一緒かちょっと疑わしいのですが、一応この名前で呼んでいます

Friesodielsia_fornicana2
葉裏は全体的に白く、特に林床に生える幼木のときは真っ白。

Friesodielsia_fornicana3
果実の柄は短いです。

Friesodielsia_fornicana4
標本ではこのような感じ。葉裏の中脈がやや赤みを帯びて、三次脈が側脈間のはしご状となるところがポイントです。

2014年3月19日 (水)

Fissistigma thorelii (Pierre ex Finet & Gagnep.) Merr.

無事、Khao Soi Daoの山頂に至り、下山しました。昨日ようやく帰国しましたが、明日から今度はマレーシア。このペースは正直なところブログの更新が結構しんどいです、ふぅ。

------------------------------

Fissistigma thorelii (Pierre ex Finet & Gagnep.) Merr., Philipp. J. Sci. 15: 136 (1919)
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Fissistigma_thorelii
葉は大型で楕円形。低地から標高1000m付近の湿り気のある常緑樹林で広く目にします。写真のものはカンボジアのものですが、今回のKhao Soi Daoでも見かけました。

Fissistigma_thorelii_2
全体に毛がびっしりと生えていて、葉裏はビロード状の手触り。葉の表面には毛がないですが、脈上には密に生えています。

Fissistigma_thorelii_3
花被片は細長く、内側の3枚は白色。

Fissistigma_thorelii_4
果実はもしゃもしゃした不思議な形。

2014年3月 4日 (火)

Uvaria dac Pierre ex Finet & Gagnep.

ベトナムからタイにやって来ました。明日からしばらく森に入るので更新が止まります。今回はKhao Soi Daoの山頂を目指します。山頂まで登れますように!

-------------

Uvaria dac Pierre ex Finet & Gagnep., Bull. Soc. Bot. France 53 (4): 65 (1906).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Uvaria_dac
花は白花(というか黄色?)。Uvaria dacとしていますが、それにしては花弁が結構幅広いのが少し気になっています。

Uvaria_dac_1
葉先が尾状に伸びるのが結構特徴的なのですが、写真のものは皆欠けていますね・・・。

Uvaria_dac_leaves
葉裏はかなりフラット。

Uvaria_dac_fruits_2
果実は表面に凸凹があって、黄色に熟します。

2014年3月 3日 (月)

Uvaria hahnii (Finet & Gagnep.) J. Sinclair

今日もUvariaを1種追加。

--------------------
Uvaria hahnii (Finet & Gagnep.) J. Sinclair, Gard. Bull. Singapore 14: 44 (1953).
Unona hahnii Finet & Gagnep., Bull. Soc. Bot. France 53 (Mém. 4 (2)): 78 (1906);
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Uvaria_hahnii

Uvaria_hahnii2
Uvaria rufaなどに比べて、長い花弁が特徴。inner petalはやや小さく細め。花はこのときは黄緑色をしていますが、もう少し成熟するとより黄色味が強くなるようです。

2014年3月 2日 (日)

Uvaria fauveliana Pierre ex Ast

Uvaria fauvelianaはかなり特徴的なUvariaの1種。すぐに識別可能です。確か花もどこかで見たと思うのですが、ざっと写真を探しても見つかりませんでした・・・。見た目はUvaria macrophyllaのような、よくある小さな赤い花だったと記憶しています。

-------------------
Uvaria fauveliana Pierre ex Ast, Fl. Indo-Chine [P.H. Lecomte et al.] suppl.: 64 (1938).
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Uvaria_fauveriana
葉は長さ20㎝前後。

Uvaria_fauveriana2
枝や葉には全体的に褐色の星状毛が生え、側脈は裏面で隆起しています。

Uvaria_fauveriana3
果実もAnnonaceaeにしてはかなり特徴的な形態をしています。どうしてこんな形になってしまったのか興味のあるところですね。

2014年3月 1日 (土)

Uvaria micrantha (A.DC.) Hook.f. & Thomson

8-12㎝程度の小型の葉を持つUvaria。インドシナ半島では比較的どこでも生えていて、林縁部によく見かけるUvariaのひとつです。

-------------------
Uvaria micrantha (A.DC.) Hook.f. & Thomson, Fl. Ind. [Hooker f. & Thomson] 1: 103 (1885).
Guatteria micrantha
A.DC., Mém. Soc. Phys. Genève 5: 218 (1832).
Cyathostemma micranthum (A.DC.) J.Sinclair, Gard. Bull. Singapore 14: 225 (1955).
Distirbution: Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Uvaria_micracantha
果実も小さく、なかなか可愛い姿をしています。果実は熟すとやがて黒色になり、これも分かりやすい特徴の一つ。

Uvaria_micracantha_2
葉は両面とも無毛でテカテカ。若枝には毛が生えていますが、すぐに抜け落ちて無毛になります。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ