« ブログ再開 | トップページ | Ficus heteropleura Blume »

2014年1月 8日 (水)

Ficus laevis Blume

さて、再開したものの、何から紹介していったら良いものか・・・。あまり深く考えても仕方ないので、最近色々と調べて割と種数の多かった分類属&熱帯の樹種で有名どころの1つ、Ficusから行きましょう。

日本ではイヌビワ、イタビカズラ、オオイタビ、ヒメイタビが本州にも生えており、少し南下すればアコウ、ガジュマルも、そしてさらに南方に進めばギランイヌビワ、オオバイヌビワ、アカメイヌビワなどなど、意外と日本にも種類は多くあることに気づきます。

しかし熱帯ではさらに多様に! ここ3年間、しばしば調査に入っていたカンボジアのとある地域では、Ficusが20種以上生えています。そう、これを1日1種紹介しても20日間はネタがつきない、という訳ですね。ということで早速1種目。

--------------------------
Ficus laevis
Blume, Bijdr. Fl. Ned. Ind. 9: 437 (1825)
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

つる性のイチジクで、葉は大きく丸みを帯びています。
Ficus_laevis

葉裏のこの脈々しさがいかにもFicusという感じですね。
Ficus_laevis2

茎はほぼ無毛。割とほっそりしています。
Ficus_laevis3

果実は丸くて幅約2.5~3㎝ほど。コロコロしていてなかなか可愛いでしょう。

Ficus_laevis4

Ficus laevisは特徴的だし、他に似た種類がないようなので、比較的認識しやすい種なのではないでしょうか。広域に分布しているのでどこかで出会えるかも?

« ブログ再開 | トップページ | Ficus heteropleura Blume »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/54552908

この記事へのトラックバック一覧です: Ficus laevis Blume:

« ブログ再開 | トップページ | Ficus heteropleura Blume »

カテゴリー

無料ブログはココログ