« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

サイゴクベニシダ

ベニシダの仲間はまだまだ分からない種類が多いです。

これは場所によっては普通に生えているマルバベニシダ。ソーラスは中肋寄り。
Maruba

Maruba2

初見なので今回一番嬉しかった、サイゴクベニシダ。
ソーラスも確かにマルバベニシダとは違っていました。中肋から離れ、やや辺縁寄り。
Saigokubeni

Saigoku2

トウゴクシダ? 自信ないです。葉の表は光沢なし。
Tougoku

Tougoku2

その他、普通種のベニシダを確認。オオベニシダのようなものもありましたが、これはまだ認識できていないので次回の課題です。ギフベニシダやヌカイタチシダモドキは記録はあるものの、今回は見つからず。

2012年4月16日 (月)

オオカナワラビとオニカナワラビ

日曜日は天気が良かったので、ふらりとシダ探しに福岡県某所へ出かけてきました。
目的のシダは残念ながら見出せませんでしたが、なかなかに面白いところでした。

オオカナワラビ
Ookana

Ookana2

オニカナワラビ
Onikana

その他のカナワラビでは、ホソバカナワラビ、コバノカナワラビを確認。ミドリカナワラビも記録ではあるそうですが、見つからず。まだ雑種を見分けるレベルには達していませんが、ようやくカナワラビの主要な種の大雑把な形の違いが分かるようになってきました。

かなり久しぶりに一人で山の中を徘徊しましたが、なかなか楽しかったです。

2012年4月14日 (土)

Terminalia

カンボジアのクラチエの乾燥フタバガキ林で見たTerminalia(モモタマナ属)の植物を
3種紹介しておきます。これらは以前紹介したCombretum latifoliumと同じシクンシ科の植物。

Terminalia alata Wall.
葉は大形で若い枝葉に白くて短い毛が密生することや果実の翼が5つ発達することが特徴です。
Alata

Terminalia mucronata Craib & Hutch.
今のところ一番の厚ぼってり。果実の翼は2つしかありません。
Mucronata

Mucronata2

Terminalia chebula Retz.
他の2つに比べ、葉の緑色が濃く、葉柄が長い、という印象。写真は・・・これを見た日は私は写真係ではなかったので、写真を撮っていませんでした。残念。

その他、カンボジアにはT. catappa (モモタマナ), T. calamansanai, T. cambodiana, T. corticosa, T. nigrovenulosa, T. darfeuillana(=T. pierrei?)が分布しているそうです。T. cambodianaとT. corticosaはまだ見たことないです。

2012年4月10日 (火)

阿蘇のスミレ2 (2012年)

阿蘇と言えばキスミレ。たまたま立ち寄った草原の縁で、他の場所に先駆けて顔を出していました。
Viola orientalis (Maxim.) W.Becker
Orientalis

ヒゴスミレもちらほらと見かけました。
Viola chaerophylloides (Regel) W.Becker
Higo

アカネスミレもありましたが、こちらは毛のないタイプ、オカスミレ
Viola phalacrocarpa Maxim. f. glaberrima (W.Becker) F.Maek.
Akane

帰り際、一緒に行ったNさんがスズキスミレを発見。
探す目が多いと色々と見つかるものです。
Viola x suzukii Hort. ex F.Maek. et T.Hashim., nom. nud.
Suzuki

2012年4月 8日 (日)

阿蘇のスミレ(2012年)

土曜日、数人のスミレ仲間と阿蘇に行ってきました。

風は冷たく、景色はまだまだ茶色一色に見えましたが、日当たりの良い場所では花が咲いている株もちらほらとありました。全員スミレ好きなので、探す目が多いだけあって全部で十数種類のスミレの花に出会うことが出来ました。
Aso

アオイスミレ
Viola hondoensis W.Becker et H.Boissieu
Aoi

フイリナガバノスミレサイシン
Viola bissetii Maxim. var. kiusiana Terao
Variegata

ヒカゲスミレ
Viola yezoensis Maxim.
Hikage

以上がスギ林の林縁に生えていた3種類。アオイ・ヒカゲは1週間後、それ以外(草原性のものも含む)は2週間後くらいが見頃となりそうです。

2012年4月 4日 (水)

城山~湯川山での植物

先日の城山~湯川山で見つけた植物の写真、その2です。

アオモジは満開の1個体を見つけました。
Litsea cubeba (Lour.) Pers.
福岡では増えているらしいですね。東南アジア広域に、インドネシアにまで分布するそうです。
Aomoji

これも1株だけ咲いていたナンバンキブシ
Stachyurus praecox Siebold et Zucc.  var. matsuzakii (Nakai) Makino ex H.Hara
Kibusi

久しぶりに見たクスドイゲ
Xylosma congesta (Lour.) Merr.
縦走路では2本だけ確認しました。改めて見ると、同じFamilyだけあって海外で見たFlacourtia indicaに印象がよく似ていました。なるほど。
Kusudoikge

春はこれから。4月に予定されていた海外調査も延期になったので、これ幸いと近場の植物にもう少し目を向けて過ごすことにします。

今週末はどこに行こう。

2012年4月 2日 (月)

城山~金山~孔大寺山~湯川山

思えば久しぶりに福岡で落ち着いた土日を過ごすことができました。土曜日は家の大掃除をして過ごし、日曜日は福岡の山へ。

今回は宗像市の城山~金山~孔大寺山~湯川山に縦走してきました。朝は10時頃にJR教育大前駅を出て、17時半に湯川山の東に位置する波津に下山しました。写真は湯川山の山頂付近から撮った芦屋海岸です。
Yukawayama

湯川山は何度か自転車で麓を通過していたことがあり、以前から気になっていた山。今回ようやくその山頂を拝むことができました。縦走路はタブ、ヤブニッケイ、アカガシ、マテバシイ(湯川山)などの樹種で構成される単調な林が続いていました。ときどきハッとするような大木が生えています。
Tabu

家の近所ではもうサクラは咲いているので、もう少し春めいた感じを期待して臨んだのですが、アサダなどの落葉樹はまだ葉を展開しておらず。とても寒かったです。湯川山を下りる途中で日の当たる道路際で、アオイ、コタチツボ、ナガバノタチツボ、コスミレが咲いていたくらい。植物を見るならもう少し後の時期の方が楽しそうです。
Nagabatachi

山道は急傾斜のアップダウンが激しく、縦走というよりは独立した峰を4回登った感じがするほど、久々の山行にはかなり足がこたえました。

今年の夏はアルプスに登りたい!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ