« Grammitidiaceae | トップページ | カンボジアへ »

2011年11月29日 (火)

Grammitidiaceae2

インドネシアで見た、羽片に切れ込みのあるGrammitidiaceaeの仲間について、まとめてみました。

Ctenopteris obliquata (Bl.) Holtt.
写真はまだ幼い株で、葉は20-25㎝のものをよく見かけます。個体数は多いですが、ソーラスのある、良い株の写真を撮っていませんでした。
Ctenop

Ctenopteris mollicoma (Nees & Bl.) Kze
上の種に比べて小型でソーラスがつき、全体に毛が散生しているのが特徴。
Gram9

Calymmodon cucullatus Pr.
とにかく細い。そして葉質も薄い。
Hoso

Xiphopteris subpinnatifida (Blume) Copel.
切れ込みは浅く、葉は長く、5㎝以上になります。
Gamm5

Gramm6

最後は不明種。Xiphopteris subpinnatifidaと片付けていましたが、今になって見れば違う種であることに気付きました。うーむ、何だろう。
Gramm4

ハーバリウムで見た限りでは、まだまだ見ていない種があるようです。中でも、大型で羽片が細く切れこんでいるCtenopteris tenuisectaが出会ってみたい種No.1です。いつか、きっとどこかで。

« Grammitidiaceae | トップページ | カンボジアへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/43197958

この記事へのトラックバック一覧です: Grammitidiaceae2:

« Grammitidiaceae | トップページ | カンボジアへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ