« ケイリュウタチツボスミレとナガバタチツボスミレ(山口) | トップページ | Rubus leucanthus »

2011年5月 9日 (月)

Rubus cochinchinensis

カンボジアの熱帯雨林にもRubusが分布していました。私の中でRubusは温帯に多いイメージがあっただけに、こんなところで会えるとは思っておらず、びっくりでした。

こちらはおそらくRubus cochinchinensis Tratt.。五小葉という点から検索で落ちるのはこの種になる訳ですが、、、合っているでしょうか。
Rubus

ちょうど花も咲き始めていました。花序を形成し、割と地味な花です。
Rubus_flower

花序の軸やガク、葉裏、そして若い茎は茶色を帯びる毛で覆われていました。茎にはトゲもしっかりあり、Rubusの藪を通るときは痛いのなんの。
Stem

これとは別に、もう1種、三小葉のRubusも見ました。これはまだ同定中なので、またの機会に。

« ケイリュウタチツボスミレとナガバタチツボスミレ(山口) | トップページ | Rubus leucanthus »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/39929776

この記事へのトラックバック一覧です: Rubus cochinchinensis:

« ケイリュウタチツボスミレとナガバタチツボスミレ(山口) | トップページ | Rubus leucanthus »

カテゴリー

無料ブログはココログ