« Ochna integerrima | トップページ | Strophanthus caudatus »

2011年5月18日 (水)

Chonemorpha fragrans

キョウチクトウ科(Apocynaceae)は熱帯では本当に多様に分化していて、1700種以上にもなるそうです。カンボジアでは10種以上見ましたが、名前が分かった種類はまだごく一部・・・何とも先の長い話となりそうです。

こちらは大形の白い花が特徴的なので、Flora of Thailandを調べるとすぐに分かりました。 Chonemorpha fragrans (Moon) Alston です。種小名からすると花に良い香りがあるのでしょうか。次回、確認してみます。
Chonemorpha_fragrans_2

花序を形成し、つぼみはユウガオのよう。一度に全部咲いたらさぞ綺麗なことでしょう。
Chonemorpha_fragrans2

葉の特徴は・・・とにかく大形なことが特徴です。あと新枝には密に毛が生えています。
Chonemorpha_fragrans3

と、ここまできてふと気づいたことがあり、それは昨年の9月にラオスで見た謎のツルも今思えばこの類に違いない!ということ。写真を探して確認してみると、確かに間違いなさそうです。よしよし。ガクやつぼみの先端が赤みを帯びているけど同じ種かなぁ。
Dscf5605

« Ochna integerrima | トップページ | Strophanthus caudatus »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/40040650

この記事へのトラックバック一覧です: Chonemorpha fragrans:

« Ochna integerrima | トップページ | Strophanthus caudatus »

カテゴリー

無料ブログはココログ