« サガリバナ | トップページ | 2011年田植え »

2011年5月 1日 (日)

Careya arborea

カンボジアではサガリバナ科の植物をもう1種見つけました。

サガリバナのBarringtonia属とは異なり、こちらはCareya属。どう見ても少し大型の普通の葉っぱです。強いて言うなら、のっぺりしていて少しだらしない印象。
Careya_arborea

FLORE GÉNÉRALE DE L'INDO-CHINEの2巻851ページにある検索表によると、該当しそうな種は、C. sphaericaとC. arboreaの2種のどちらか。C. sphaericaは内側の雄蕊が不稔性で、C. arborea内側と外側の雄蕊が不稔性とありました。

C. arboreaは内側と外側って・・・全部不稔?とすると、どうやって増えているんだ・・・などと考え、ネットで調べていたら、C. sphaericaをC. arboreaのシノニムとする見解に出会いました。ますます分からない。。。今回は肝心の咲いている花を見ることができなかったので、暫定的にC. arboreaとしておくことにします。

今回見たのは大きく膨らんだ果実。開花は2ー3月頃がピークでしょうか。
Careya_arborea2

タイではCareya sphaericaの学名が用いられているようで、新しいシュートは食用にするらしいです。次回があれば食べてみます!

« サガリバナ | トップページ | 2011年田植え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/39826351

この記事へのトラックバック一覧です: Careya arborea:

« サガリバナ | トップページ | 2011年田植え »

カテゴリー

無料ブログはココログ