« 第一回カンボジア調査終了 | トップページ | Careya arborea »

2011年4月30日 (土)

サガリバナ

カンボジアで見た植物、比較的分かりやすい植物から、ということでまずはサガリバナ科(Lecythidaceae)のおそらくサガリバナそのもの(Barringtonia racemosa)?をご覧ください。

標高400m程度の常緑樹林の中にまとまった個体群が見られました。分枝はほとんどなく、すらっと伸びる樹形。
Barringtonia2

葉は大形で50㎝以上でした。
Barringtonia

サガリバナは以前、西表島で見たことがありますが、今となっては遥か遠い昔になるため、どんなのだったか覚えておらず、同一種なのかどうかよく分かりませんでした・・・。でも葉の形や長く伸びる花序は良く似ていますね。
Barringtonia3

確認したのは午前中でしたが多くの花がすでに落ちていました。
Barringtonia4

そういえばタイで以前みたCouroupita guianensis(ホウガンノキ)もサガリバナ科の植物。別属で花の形もここまで変わるとは・・・自分の中ではまだちょっと特徴が捉えにくい科です。

« 第一回カンボジア調査終了 | トップページ | Careya arborea »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/39810855

この記事へのトラックバック一覧です: サガリバナ:

« 第一回カンボジア調査終了 | トップページ | Careya arborea »

カテゴリー

無料ブログはココログ