« タランチュラ | トップページ | Nan県のガガイモ科植物 »

2010年8月 3日 (火)

Nan県のショウガ科植物

Nan県ではまだ見たことのないショウガ科の植物を見ることが出来ました。タイには26属300種以上の種が分布しているそうで、手元に図鑑もないのでもう何が何だか・・・

ピンク色の花を咲かせるBoesenbergia属の一種。Pa-Hin Ngam National Parkで見たB. rotundaと同じ?
Ginger2

Grobba sp.お馴染みのGrobba属の一種。この山域でもっとも数多く見た種類でおそらく普通種でしょうが、種名はよく分かりません。。。
Grobba

Kaempferiaの葉と思ったら随分K. galangaとは全く異なる色形の花。明るいオレンジ色で、ちょっとシュンランに似て・・・いなくもないか。これから咲き出すようで、たくさん周囲には株がありましたが、咲いているのは一株だけでした。
Ginger4
Ginjrer4_1

白い花のショウガ科植物も1株だけ咲いていました。唇弁に黄色が入っていました。
Ginjer3
Ginjer3_2

タイのショウガ科については
Larsen K. and S.S. Larsen.2006.Gingers of Thailand. 164pp. Queen Sirikit Botanic Garden, Chiang Mai
という本があるそうです。欲しい!、というよりはその植物園にまずは行ってみたいものです。

« タランチュラ | トップページ | Nan県のガガイモ科植物 »

コメント

3、4枚目のショウガ科興味深いですね。
葉の様子はKaempheriaに似ているものの、花の形がまったく違いますね。

こんにちは。
随分前の記事へのコメントをお許しください。Boesenbergia rotundaの和名をご存知ないでしょうか?
----
crassaです。私の経験上では全く存じていませんので何とも申し上げられないのですが、、、ネットでちょっと調べてみると、「オオバンガジュツ」という和名が出て来ました。
Local vegetables of Thailand (ttp://www.jircas.affrc.go.jp/project/value_addition/Vegetables/019.html)

「オオバンガジュツ」は「Boesenbergia pandurata」の和名としてしばしば用いられているようですが、本種はBoesenbergia rotundaのシノニム扱いとなっている報告もあるようなので、そういう名前で呼んでも良いのかもしれません(Flora of Chinaなど)。まあ、あくまでネットでの情報なので真偽は定かではありません、悪しからず。。。sandoさん、何かありましたらフォローよろしくお願いします。

和名といっていいかどうかわかりませんが、日本でもタイ名のまま「グラチャイ」もしくは「ガチャイ」で通っている気がします。

Boesenbergia rotunda = B. pandurata で、B. rotunda を使うのがよいです。和名はオオバンガジュツがある本に載っていますが、クラチャイを使うのがいいと思います。2枚目は Globba expansa で、3、4枚目は Cornukaempferia larsenii だと思います。 Ginger of Thailand を複数冊持っているのでお分けするのは可能です。

Funakoshi 様

ショウガ科植物の学名をご教示いただき、ありがとうございます。

Ginger of Thailandですが、その後、私自身Queen Sirikit Botanic Gardenを訪れる機会を得まして、無事入手することができました。お心遣い、深く感謝いたします。

最近は専ら木本ばかりに傾倒していますが、Zingiberaceaeも少しずつ勉強していますので、そのうち何かしらの形で情報交換させていただければと思います。

本日はベトナムの山の中でAmomumの花やAlpiniaの果実を見ました。この時期はショウガの花・果実も多く、上ばかり見て歩けませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/36017596

この記事へのトラックバック一覧です: Nan県のショウガ科植物:

« タランチュラ | トップページ | Nan県のガガイモ科植物 »

カテゴリー

無料ブログはココログ