« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

再度バンコクへ

今週末はバンコクに行ってきます。
日本から観光でお越しになられる方の案内が目的で、今回は完全に遊びです。

先週は幸運にもバンコク観光をすることができたので、案内も何とかなるであろう・・・。

そして月曜日は、せっかくバンコクに出たのだから、ということで王立の標本庫を訪ねる予定にしています。仕事のための情報収集がメインの目的ですが、それ以外にも個人的に拝見したい植物はたくさん。。。

まあそんな訳でして、興味のある分類群をお持ちの方はご依頼いただければ標本の写真を撮って送ることができます。ご気軽にご連絡ください!

ではでは、行ってきます。

写真はCanonball Tree (Couroupita guianensis)
日本にはあまり分布していないサガリバナ科(Lecythidaceae)の植物で、「ホウガンノキ」という和名があるらしい。英名の直訳だろうか。
Canonball_flower

タイ原産ではないようだが、お寺や公園などにときどき植わっているのを目にする。花は独特の形で直径10cm程度、果実は名前の由来となっている通り、まさにCanonball!!
Canonball

2009年11月24日 (火)

乾季到来

コンケンでは雨が降らなくなって1ヶ月が経過し、最近は気温も急に低下して寒くなってきました。

日中は30℃近くまで上昇するのでまだ過ごしやすいものの、夜間の最低気温は14℃を記録。密閉性のない我が家はいくら着込んでいくら布団をかけて寝ても、夜間にすっかり体が冷え、、、朝起きては「ああ、風邪を引いてなくて良かった」と安堵する日々です。

というような話を同僚にしたところ、「じゃあこれ使いなよ」と、寝袋を貸してくれました。これでこの冬は凌げる・・・はず?

写真はとあるガソリンスタンドにあった噴水。
Funsui

ATMの前でゾウが鼻水・・・もとい鼻から水を出しているというもの。
暑いときにはここで自由に水浴びをすることができる・・・のかもしれない。早く雨季が来ますように!

2009年11月22日 (日)

Bangkok Marathon

バンコクへ行った最大の目的は実はBangkok Marathonに参加することでした。

またマラソン!
走ることが決して好きな訳ではありませんが、
流されやすい私としては同僚の誘いを断る根性がないのです。

ということで、早朝から交通規制の敷かれた10.55kmを走ってきました。
今回は前回のカンチャナブリより、3分早い約51分で完走。
数日前に1回だけジョギングした効果があったのかも、
と思いたいところですが、単に比較的平坦なコースによるものでしょう。

それにしてもすごい参加者の数でした。
どこまで走っても人だらけ・・・ある意味貴重な体験となりました。

次は1月のKhon Kaen International Marathon!

2009年11月21日 (土)

バンコク観光

朝コンケンを出て、バンコクにはお昼に到着。この日はそのままバンコク在住の知り合いの方に連れられ、観光をして参りました。タイには1年2ヶ月滞在していますが、バンコク観光は実は初めてです。

まずは水上マーケットへ。ここはチャオプラヤ川の支流(下流の網の目に張り巡らされた水路のひとつ)で、料理を出す小船がたくさん浮かんでいて、注文すると上手に調理して料理を持ってきてくれました。
Market

市場の入口には花屋が何件か並び、面白い植物がたくさん売られていました。お馴染みの植物ではハイビスカスやニチニチソウ、サンダンカ、マリーゴールドなどなど。ハイビスカスは20~30バーツ、ランの花束は15~20バーツと日本に比べると圧倒的に格安ですね。
Hibiscus
Orchid

ボートに乗って水路へ出ると、そこは住宅街。洪水で浸水しているような光景に驚きでした。
Water

夕方にはバンコク海に広がるマングローブ林へ。内陸のコンケンでは見ることのできない海岸植物をいくつか観察し、沈む夕日を見てこの日は終了でした。植物はまだ調べていないので詳細な紹介はまたの機会に。でも調べて分かるものだろうか・・・
Yuuhi

バンコクと言っても郊外はやはり田舎でのんびりしていて良いものです。こういうところならまた行きたい!

2009年11月20日 (金)

腰痛

この3日間、仕事でタイ中部に行って参りました。
車で片道6時間ちょっと。
すっかり腰が痛くなりました。

続いて明日、明後日はバンコクです。
バンコクまでは450km、車で5時間の旅。
行きと帰りを考えただけで10時間・・・もう考えるだけで疲労困憊です。

写真は道路沿いに生えていたセイバンモロコシ?
Seibanmorokoshi
この乾季はイネ科植物の標本を片っぱしから作らねばと思いながらも、なかなかそんな余裕がなく時間だけが過ぎて行く・・・。

2009年11月14日 (土)

Phimai Festival

Phimai遺跡でこの時期に毎年開催されているPhimai Festivalに連れて行ってもらい、演劇を見てきました。遺跡を利用しての演劇は音響だけでなく、照明、ドライアイス、そして花火まで駆使しての壮大なShowでした。
Show

総勢200名以上はいたであろう役者たちの衣装は全員本格的でした。
Show2

話のストーリーはタイ語なので全く分からなかったのですが、遺跡にまつわる昔話のようです。ハヌマーンも最初に少しだけ登場していました。劇の最後には全員揃っての舞台挨拶がありました。素晴らしい。
Show4

毎年5日間程度開催されているそうなので、興味のある方は是非どうぞ。

2009年11月13日 (金)

再開

長い間、更新が滞って申し訳ありませんでした。

来タイされていた日本人の方々も全員が今日でお帰りになられ、明日からはようやく日常の生活に戻ることができそうです。

といっても、来週の火~木曜日はタイ中部の研究所を訪問する予定に。

このままでは「いつ自分の仕事をしているんだ」というツッコミを各方面から受けそうなので、この土日は可能な限り職場に行きたい所存であります。20匹のネコ達とのんびりとした時を過ごした・・・い・・・が、やらねばならないことが多すぎ、いやまあその前にやりたいことも多すぎなので自分で自分の首をしめている部分が大きいのですが。

何はともあれ、以前のように少しずつ記事を書けたら良いな、と思う次第です。頑張ります。
Kanchanaburi
仕事の関係でタイの西部の山に行ってきました。やっぱり山は落ち着きます。斜面では陸稲が栽培されていました。こういうところが職場だったらなぁ・・・

2009年11月 3日 (火)

年に一度の繁忙期

明日からの3日間は年に一度の大会議!、ということで準備に追われている日々を過ごしています。更新がしばらく滞っていてすみません。来週には再開できる・・・はず。

Stem

写真は3mくらいにまでなる、とあるイネ科植物ですが、ここの群落では葉鞘に毛のある個体もあれば、写真のように葉鞘の縁に毛の生えるもの、そして全く毛のないものも。開花期も群落としては3~4ヶ月に渡って咲き続けているのでかなりの変異があるのだろう。ううむ。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ